8月7日:アメリカ軍、ガナルカナル島に上陸

1942年8月7日 - 第二次世界大戦・ソロモン諸島の戦い: アメリカ軍がガダルカナル島に上陸。ガダルカナルの戦いが始まる。
ミッドウェー海戦とともに、太平洋戦争における攻守の転換点となった戦闘とされている。
一般に、ガダルカナル戦は日本軍が米軍の物量に圧倒されて敗北した戦いと認識されており、翌年の2月7日までの事実上の撤退までのあいだに、上陸した総兵力は31,404名、うち撤退できたものは10,652名、それ以前に負傷・後送された者740名、死者・行方不明者は約2万名強、このうち直接の戦闘での戦死者は約5,000名、残り約15,000名は餓死と戦病死で失われた。
ガダルカナル上陸











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント