8月7日:ヘイエルダール博士のコンティキ号、太平洋漂流実験に成功

1947年8月7日 - コンティキ号がペルー ⇒ ポリネシア8,300kmの筏による太平洋漂流実験に成功。
1947年4月28日にペルーのカヤオ港より漂流を開始したコンティキ号は、フンボルト海流にのって、ヘイエルダールらの予想通りに西進し、102日後の1947年8月7日にツアモツ諸島のラロイア環礁で座礁した。
この航海によって何の動力も持たない筏が、風と海流に流されてソサエティ諸島などの南太平洋の島々に漂着できる可能性を実証し、ポリネシア人の祖先がアメリカ・インディアンである「可能性」を証明した。
コンティキ号












◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント