8月11日:1919年 - ドイツでヴァイマル憲法が制定される

1919年8月11日 - ドイツでヴァイマル憲法が制定される。
ドイツ憲法は、その憲法が制定された都市の名をつけて通称とする慣例があり、ヴァイマル憲法憲法制定議会が開催された都市ヴァイマルの名に由来する通称である。
英語読みからワイマール憲法と表記される場合も多い。
ヴァイマル憲法の最大の特徴は人権保障規定の斬新さにある。
自由権に絶対的な価値を見出していた近代憲法から、社会権保障を考慮する現代憲法への転換がこのヴァイマル憲法によってなされ、その後に制定された諸外国の憲法の模範となった。
当時は世界で最も民主的な憲法とされ、第1条では国民主権を規定している。
ワイマール憲法







ドイツ発の高級調理器具【GSW JAPAN】



法事・法要の寺院手配サービス【てらくる】


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント