8月12日:麻山事件、ソビエト赤軍の攻撃により日本人開拓団集団自決

1945年8月12日 - 第二次世界大戦・ソ連対日参戦: 麻山事件。
満州国鶏寧県麻生区で、哈達河(ハタホ)から徒歩で避難中の日本開拓団約700名が、ソ連軍にと満州国軍反乱兵によって襲撃され、421名自決。
麻山事件













法事・法要の寺院手配サービス【てらくる】


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント