8月12日:日本航空123便墜落事故

1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分 - 日本航空123便墜落事故
東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落。
乗客505名と乗員15名が死亡。4名が生存。
日航123便墜落事故











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント