8月13日:小山克事件(しょうさんこくじけん)、避難中の日本人居留民虐殺

1945年8月13日 - 小山克事件(しょうさんこくじけん)
ソビエト軍の満州侵攻から非難するために日本人居留民を乗せた列車が、満州国吉林省で南満州鉄道京図線の九台駅と吉林駅の間の小山克で武装した暴民に襲われ、日本人避難民が強姦・虐殺され集団自決した事件。

暴民たちは抵抗するものは射殺し、女性が抱いている赤ん坊たちは窓から放り投げて殺害した。

このため、100人以上の女性たちが崖から谷底に飛び降りて自決した。

翌8月14日午前5時半ごろに事件現場に到着した日本軍により現地暴民は次々と射殺・捕縛され鎮圧された。
避難民を乗せた列車は通化に到着し、避難民収容所に収容されたが、再び通化事件(1946年2月3日)に巻き込まれることになった。
小山克事件















法事・法要の寺院手配サービス【てらくる】


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント