8月17日:アメリカ第8空軍、初のドイツ本土昼間爆撃実施

1943年8月17日 - 第二次世界大戦: 連合国軍がドイツに対するシュヴァインフルト=レーゲンスブルク作戦を実施。
シュヴァインフルト・レーゲンスブルク作戦

シュバインフルトのボールベアリング工場とレーゲンスブルグのメサーシュミットの戦闘機工場を攻撃目標とした戦略爆撃であったが、護衛戦闘機の航続距離範囲外への爆撃行(イギリスからみてドイツ奥地)であったため、出撃した376機中、被撃墜54機、機体廃棄87機、搭乗員およそ800名の損失を被った。
シュヴァインフルト・レーゲンスブルグ作戦行程












ドイツ発の高級調理器具【GSW JAPAN】


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント