5月16日:サイクス・ピコ協定 締結

1916年5月16日 - 第一次世界大戦イギリスフランス、ロシアの間でオスマン帝国領アラブ地域の分割に関するサイクス・ピコ協定(秘密協定)が結ばれる。
サイクス・ピコ協定

イギリス中東専門家マーク・サイクス(Mark Sykes) と
フランスの外交官フランソワ・ジョルジュ=ピコによって原案が作成され、この名がついた。

・シリア、アナトリア南部、イラクのモスル地区をフランスの勢力範囲とする。
・シリア南部と南メソポタミア(現在のイラクの大半)をイギリスの勢力範囲とする。
・黒海東南沿岸、ボスポラス海峡、ダーダネルス海峡両岸地域をロシア帝国の勢力範囲とする。

この協定は、イギリス中東のアラブ国家独立を約束したフサイン・マクマホン協定や
イギリスがパレスチナにおけるユダヤ人居住地を明記したバルフォア宣言 (1917年11月)
イギリスが相矛盾する三枚舌外交をしたとして批判された。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント