8月19日:ヨーロッパ大陸への奇襲上陸作戦、ディエップの戦い

1942年8月19日 - 第二次世界大戦: ディエップの戦い。
連合軍のフランスへの奇襲上陸作戦。正式な作戦名は「ジュビリー作戦(Operation Jubilee)」。
不充分な兵力と作戦のため最初から勝算は薄かった上、事前に作戦実行の秘密がドイツ側に漏れていたため、連合軍は大損害を受け、完全な失敗に終わった。
作戦に参加し生還したカナダ軍将校(作家ファーレイ・モウワット)は「石壁に卵を投げつけるも同然の戦い。そして、我々がその卵にされた」と評した。
フランスへの上陸にはあと2年の歳月が必要だった。
ディエップの戦い















関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント