8月20日:「村塾の双璧」久坂 玄瑞、自刃

1864年8月20日(元治元年7月19日) - 久坂 玄瑞(くさか げんずい、1840年5月 - 1864年8月20日)自刃。享年24歳。
幕末の長州藩士。
妻は吉田松陰の妹、文。
久坂玄瑞

長州藩における尊王攘夷派の中心人物で、松下村塾では高杉晋作と共に「村塾の双璧」、高杉・吉田稔麿・入江九一と共に「松門四天王」といわれた。
松陰は久坂を長州第一の俊才であるとし、高杉と争わせて才能を開花させるようつとめた。
8月20日の禁門の変(蛤御門の変)では出兵に最後まで反対したが、最終的に出陣、朝廷への嘆願参内もかなわず自刃。











法事・法要の寺院手配サービス【てらくる】


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント