8月21日:ソビエト連邦、世界初の大陸間弾道弾(ICBM)の実験成功

1957年8月21日 - ソ連が世界で初めて大陸間弾道ミサイル(ICBM)R-7、6,000kmの長距離飛行に成功。
R-7

R-7 (ロシア語 Р-7) は、ソビエト連邦のセルゲイ・コロリョフが率いるOKB-1が開発した世界初の大陸間弾道ミサイル (ICBM) である。
後に宇宙開発用ロケットに転用されて多くの派生ロケットを生み、R-7系列のスプートニクロケットが世界初の人工衛星スプートニク1号の打ち上げを、同じくR-7系列のボストークロケットが世界初の有人宇宙船ボストークを打ち上げる等ソビエト連邦の宇宙開発の原動力となった。




500円クーポン発行中!Space Race 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~

価格:10,152円
(2015/8/22 09:58時点)











法事・法要の寺院手配サービス【てらくる】


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント