8月28日:原子力潜水艦K-19の艦長ニコライ・ウラジミロビッチ・ザテエフ逝く

1998年8月28日 - ニコライ・ウラジミロビッチ・ザテエフ
( Николай Владимирович Затеев,1926年6月30日 - 1998年8月28日)没。
享年62歳。
ソビエト連邦海軍の軍人
ニコライ・ウラジミロビッチ・ザテエフ

1961年7月に冷却水漏れ事故を起こした原子力潜水艦K-19の艦長として知られる。
深刻な放射線被曝にもかかわらず、ザテエフとK-19のクルーの行動によって、最悪の事態はなんとか避けることが出来た。
ソ連崩壊後ようやく、事故について明らかにする事を許されるようになり、ザテエフは後に事故の回顧録を出版し、これを元に多数の文学作品のほか、映画K-19 (ザテエフ役はハリソン・フォード)が作られた。




【送料無料】 K-19 THE WIDOWMAKER 【DVD】

【送料無料】 K-19 THE WIDOWMAKER 【DVD】
価格:3,694円(税込、送料込)











法事・法要の寺院手配サービス【てらくる】


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント