8月29日:日韓併合条約発効

1910年8月26日 - 韓国併合: 日韓併合条約発効。朝鮮総督府を設置し、名称を朝鮮に改称。

韓国併合ニ関スル条約(かんこくへいごうにかんするじょうやく)は、「韓国皇帝が大韓帝国(韓国)の一切の統治権を完全かつ永久に日本国皇帝(天皇)に譲与する」ことなどを規定した条約のことで、通称、「韓国併合条約」、「日韓併合条約」。
日本帝国はこの条約に基づき大韓帝国を併合した。
朝鮮総督府章
<朝鮮総督府章>

世界的に「韓国併合ニ関スル条約」は当時の国際法上合法であるとするのが多数派である。














関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント