9月6日:パレスチナ解放人民戦線 (PFLP) による同時ハイジャック事件

1970年9月6日 - PFLP旅客機同時ハイジャック事件

パレスチナ解放人民戦線 (PFLP) が5機の旅客機を同時にハイジャック。

国際赤十字委員会、ヨルダンやスイス、アメリカやイギリスなどの当事国や、PFLPの実質的な「後見人」であるシリアやソビエト連邦政府まで巻き込んだ交渉が行われた結果、9月12日に、「人質の解放と同時に、各国に収監されているPFLPの活動家とエル・アル航空ハイジャックの実行犯が釈放される」と発表された後に、残る全ての乗客、乗務員が解放された。

人質は無事に解放されたものの、その後「イスラエルと国際社会の対応に対する抗議」として、「革命空港」(ヨルダン国内)に強制着陸させられ駐機していた3機の旅客機(トランス・ワールド航空のボーイング707型機、スイス航空のダグラスDC-8型機、英国海外航空のヴィッカースVC-10型機)が、各国のメディアの目前で同時爆破された。
PFLP旅客機同時ハイジャック事件
その瞬間の映像は世界各国で繰り返し放映され、1970年代に起きた一連のPFLPによるハイジャック活動、そしてパレスチナ解放運動そのものを象徴する映像として長く記憶にとどめられることになる。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント