9月8日:土木の変、明の皇帝捕虜となる!

1449年正統14年9月8日 - 土木の変(どぼくのへん)
の領土に侵攻したオイラトのエセンをの皇帝英宗が自ら迎え討つが大敗し、英宗が捕虜となる。
中国史上でも珍しい、皇帝が野戦で捕虜になった事件として知られる。
土木の変

の兵部尚書于謙が果断な対処を行ったために、
エセンは大勝を収めたにもかかわらず正統帝を無条件釈放せざるを得ず、
この戦いはにとっては致命的な打撃には至らなかった。

しかし、がその後100年以上にわたりモンゴル高原の遊牧民(いわゆる「北虜」)の間断ない侵攻に悩まされる端緒となった。












大切な方へのグルメギフトなら聘珍樓 直営ショッピングサイト
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント