9月10日:ハナ肇 逝く

1993年9月10日 - ハナ 肇(ハナ はじめ、1930年2月9日 - 1993年9月10日)没。享年63歳。
日本のドラマー、コメディアン俳優
ハナ肇

コミックバンド「ハナ肇とクレージーキャッツ」のリーダーであり、同バンドのドラマでもある。
コメディアンとしては、ハナがヒッピー姿で叫んだ「アッと驚く為五郎」は流行語にもなった。
フジテレビ系の正月番組『新春かくし芸大会』の名物であった銅像コントの銅像役としても有名である。
志村けん以外のザ・ドリフターズの各メンバーの名づけ親でもある。

俳優としては無骨で不器用なイメージがあるが、企画や才能への嗅覚は非常に鋭く、そのためもあって出演映画歴には初期の川島雄三、市川崑から晩年の市川準まで大物監督の名が多く並ぶ。
特に松竹の若手監督だった山田洋次の才能をいち早く見抜き、『男はつらいよ』シリーズ開始以前、『馬鹿』シリーズなどで不動のコンビを組んでいた。














関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント