5月19日:目撃記録のある最古の隕石(直方隕石)が落下

861年5月19日貞観3年4月7日) - 直方隕石が落下。
落下の目撃記録のある世界最古の隕石。
直方隕石
この日の夜、武徳神社(今の須賀神社)境内に落下。
翌日、深くえぐられた土中から黒く焦げた石が掘出され桐箱に納めて保存したという地元の伝承が残っている。
隕石が納められていた桐箱の蓋の裏には「貞観三年四月七日ニ納ム」という墨書がある。
重量472gのL6-コンドライトの石質隕石である。

隕石は現在も須賀神社に保管されており、5年に一度、10月の「神幸大祭」の際に一般公開される(次回は2016年)。
1992年、神社の境内に記念碑が立てられた。
なお、神社には隕石のレプリカがあり、一般公開されている。











月の土地が買えるってほんと?!「月の土地」1エーカー2700円


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント