9月13日:乃木希典大将 殉死

1912年9月13日 - 明治天皇の大葬が行われる。
同日乃木希典大将が夫人とともに自宅で殉死。

乃木大将

乃木希典(のぎ まれすけ、1849年12月25日嘉永2年11月11日) - 1912年大正1年9月13日)は日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。階級は陸軍大将。第10代学習院院長を歴任。
日露戦争における最激戦であった旅順攻囲戦を指揮したことや、その武功のみならず、降伏したロシア兵に対する寛大な処置もまた賞賛の対象となり、特に水師営の会見におけるステッセリの処遇については、世界的に評価された。
日露戦争では二人の息子を失った。
乃木 希典











一流の技術で修理!時計修理の千年堂



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント