9月17日:日清戦争、黄海海戦

1894年9月17日 - 日清戦争:黄海海戦
黄海海戦

近代的な装甲艦が投入された戦いとしても知られる。この海戦の結果、清国海軍は大損害を受けて制海権を失い、無力化された。
戦術面ではこの海戦で示された日本海軍の単縦陣による速射砲を主体とした砲撃戦術の有効性が世界に広まり、海戦の基本として定着した。














関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント