9月18日:柳条湖事件

1931年9月18日 - 柳条湖事件
奉天付近の南満州鉄道線路上で爆発事件。
これをきっかけとして、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争(事変)、いわゆる満州事変が始まる。
柳条湖事件

現場は、3年前の張作霖爆殺事件の現場から、わずか数キロの地点である。
爆発自体は小規模で、爆破直後に現場を急行列車が何事もなく通過している
関東軍はこれを中国軍による犯行と発表することで、満州における軍事展開およびその占領の口実として利用した。












一流の技術で修理!時計修理の千年堂
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント