9月20日:インドの緑の父 杉山 龍丸 逝く

1987年9月20日 - 杉山 龍丸(すぎやま たつまる、1919年大正8年5月26日 - 1987年昭和62年9月20日)没。享年68歳。
作家夢野久作を父に、アジア主義者杉山茂丸を祖父に持つ日本の陸軍軍人。
杉山 龍丸

インドの緑の父(Green Father)と呼ばれる人物である。
戦後、3万坪の農地を売り、緑化の費用にあてた。
インドの政府や個人の協力を得て、インドの各地にあった砂漠地帯や土砂崩壊の地域を緑化したが、日本の政府や企業などからは理解や協力が得られず、日本ではあまり知られていない。
インド、パンジャブからパキスタンまでの国際道路のユーカリ並木とその周辺の耕地は杉山の功績であるとされている。

















関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント