9月26日: 大日本帝国陸軍 洪 思翊(ホン・サイク )中将、戦犯として処刑される

1946年9月26日 - 洪 思翊(こう しよく、ホン・サイク、1889年3月4日 - 1946年9月26日)没。享年48歳。
日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。
日本統治下の朝鮮出身の日本陸軍軍人としては、王公族として皇族と同等の優遇を受けた李垠中将と並び、もっとも高い階級に昇った。
洪 思翊(ホン・サイク)中将

太平洋戦争(大東亜戦争)後、フィリピンの捕虜収容所長時代に食糧不足から捕虜に十分給養できなかった責任を問われ戦犯としてフィリピンで処刑された。
洪は、軍人として弁解や証言することを潔しとせず、自らについては一切沈黙を守ったが、他の戦犯被告人を弁護するための証言は積極的に行った。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント