9月27日:ウィーン、絶頂期のオスマン帝国に包囲される

1529年9月27日 - 第一次ウィーン包囲はじまる。
スレイマン大帝ひきいるオスマン帝国軍によるウィーンに対する包囲戦で、神聖ローマ帝国皇帝にしてハプスブルク家の当主、オーストリア大公であるカール5世の本拠地ウィーンを取り囲んだ。
第一次ウィーン包囲

オーストリア軍の頑強な抵抗により、約1カ月後の10月17日、オスマン帝国軍は撤退を開始、ウィーンの陥落だけは免れた。

この包囲戦の結果、オスマン帝国のバルカン半島の領有が確定し、その支配は17世紀終わりまで続く。
ハンガリー王国はその領土の大部分を削られ、その国土の回復は18世紀まで待たねばならなかった。
またイスラームの脅威を広くヨーロッパ全土に知らしめる事にもなった。

なお、ウィーンは後に再びオスマン帝国軍により包囲される(第二次ウィーン包囲:1683年7月13日 - 9月12日)。












マカ×シトルリン×クラチャイダムの活力サプリ【マカエンペラー】


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント