10月1日:アレキサンダー大王、アケメネス朝ペルシア帝国にとどめを刺す!

紀元前331年10月1日 - ガウガメラの戦い。
マケドニア王国軍(ギリシア連合軍)とアケメネス朝ペルシア軍の戦いである。
アレクサンドロス3世(大王)率いるマケドニア軍がダレイオス3世率いるペルシア軍を破った。
ガウガメラの戦い

イッソスの戦いのあとの2年間にアレクサンドロスは地中海沿岸地方とエジプトを制圧。
その後彼はシリアからペルシア帝国の心臓部に攻め入り、ユーフラテス川とティグリス川を抵抗なしに渡った。

ダレイオスは帝国中から軍勢をかき集めて、大軍を編成した。
彼は数でアレクサンドロスを打ち破ろうとし、現代の歴史家の推定では彼の軍勢は約10万人であった。

この戦いの勝利の後、アレクサンドロスはバビロンに入り、まもなく大王と称することになる。
ダレイオスは東部で再び軍を再編成しようとしたが、部下に裏切られて殺され、アケメネス朝ペルシア帝国は滅びた。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント