10月1日:NASA設立

1958年10月1日 - 米国航空諮問委員会 (NACA) を母体としてアメリカ航空宇宙局 (NASA) が設立される。
NASA

アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。
1958年7月29日、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の国家航空宇宙諮問委員会 (National Advisory Committee for Aeronautics, NACA) を発展的に解消する形で設立された。
正式に活動を始めたのは同年10月1日のことであった。

NASAはアメリカ宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、
アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、
さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。

現在は国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) の運用支援、オリオン宇宙船、
スペース・ローンチ・システム、商業乗員輸送などの開発と監督を行なっている。

宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。

人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、
進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、
さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。

2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、
「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント