10月2日:ポーランド国内軍によるワルシャワ蜂起鎮圧される

1944年10月2日 - 第二次世界大戦: ポーランド国内軍がドイツ軍に降伏し、同年8月1日からのポーランド国内軍によるワルシャワ蜂起が終結。
ポーランド国内軍降伏

ロンドンの「ポーランド亡命政府」指導の蜂起に際して、各国が申し出ていたポーランド国内軍への様々な支援作戦を、
ワルシャワ郊外まで接近していたソビエト赤軍は拒否、また援助活動に対する妨害を行っていることはまぎれもない事実である。

この放棄による市民の死亡者数は18万人から25万人の間であると推定され、
鎮圧後約70万人の住民は町から追放された。
また、蜂起に巻き込まれた約200名のドイツ人民間人が国内軍に処刑されたと言われている。
国内軍は1万6000人、ドイツ軍は2000名の戦死者を出した。

ワルシャワの街は蜂起に対する懲罰的攻撃により徹底的に破壊された。








◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント