10月3日:有人航空機最大速度記録「マッハ6.7」樹立(未だ破られず)

1967年10月3日 - アメリカの極超音速実験機X-15A-2が、有人航空機の最大速度記録であるマッハ6.7を記録。
X-15
X-15による188回目のフライトで、この記録を樹立した。

X-15は、アメリカで開発された高高度極超音速実験機でノースアメリカン社によって3機が製作された。
ジェットエンジンではなくロケットエンジンにより高高度まで上昇出来る能力を持つロケットプレーンであり、
この機体で得られた極超音速下での空力特性や熱力学的影響などの研究結果は、
やがてはスペースシャトルの開発にまで貢献するようになる。

なお、この有人機としての最大速度の公式記録は、現在に至るまで保持している。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント