10月5日:女性を中心としたパリ市民、ヴェルサイユ宮殿まで行進し、国王ルイ16世をパリに連行

1789年10月5日 - フランス革命: ヴェルサイユ行進。
ヴェルサイユ行進

革命勃発当時のフランスでは、前年の凶作や政情不安のため穀物の売り渋りが横行し、
パンをはじめとする食料品の価格高騰にパリ市民は苦しんだ。

1789年10月5日の早朝、パリの広場に集まった約7,000人の主婦らが「パンを寄越せ」などと叫びながら、国王と議会に窮乏を訴えるため、ヴェルサイユに向かって行進を開始。

翌6日未明、武装した市民の一部が宮殿に乱入し、これを阻止しようとしたスイス傭兵の近衛兵数名を殺害した。
これを見た民衆は暴徒と化し、宮殿に雪崩れ込んで略奪を行うと共に、国王を拘束した。
民衆は国王に対しパリへの帰還を迫り、その日の午後に国王一家をパリに連行した。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント