5月22日:コンスタンティヌス大帝 逝く

337年5月22日 - ガイウス・フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティヌス(Gaius Flavius Valerius Constantinus ガーイウス・フラーウィウス・ウァレリウス・コーンスタンティーヌス、272年2月27日 - 337年5月22日)没。享年65歳。

コンスタンティヌス

ローマ帝国皇帝(在位:306年 - 337年)。

帝国を再統一し、専制君主制を発展させたことから「コンスタンティヌス大帝」と称される。

キリスト教を公認してその後の発展の政治的社会的基盤を用意したことから、
正教会、東方諸教会、東方典礼カトリック教会では、聖人とされている。



ローマ皇帝歴代誌/創元社

¥3,564
Amazon.co.jp












◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント