10月14日:「砂漠のキツネ」ロンメル将軍 逝く

1944年10月14日 - エルヴィン・ロンメル(Erwin Johannes Eugen RommelDe-Erwin Rommel、1891年11月15日 - 1944年10月14日)、服毒自殺。享年52歳。
ドイツ国防軍陸軍の軍人
ロンメル将軍

第二次世界大戦におけるフランス、北アフリカにおける驚異的な活躍で砂漠の狐として知られる。
砂漠のアフリカ戦線において、巧みな戦略・戦術によって戦力的に圧倒的優勢なイギリス軍をたびたび壊滅させ、英首相チャーチルに「ナポレオン以来の戦術家」とまで評された。

数々の戦功だけでなく騎士道精神に溢れた行動・多才な人柄・SS(親衛隊)ではなく国防軍であったことなどから、当時のみならず現在でも各国での評価・人気が高い将帥の一人である。















◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント