10月16日:マリー・アントワネット、ギロチンで処刑される

1793年10月16日 - フランス革命: ルイ16世妃マリー・アントワネットが断頭台で処刑される。
マリー・アントワネットの処刑

1755年11月2日、神聖ローマ皇帝フランツ1世シュテファンとオーストリア女大公マリア・テレジアの十一女としてウィーンで誕生したマリー・アントワネットは、プロイセンの脅威から伝統的な外交関係を転換してフランスとの同盟関係を深めようとしていたオーストリアの外交政策により、フランス国王ルイ15世の孫ルイ・オーギュスト(後のルイ16世)と1770年5月16日に政略結婚。
マリー・アントワネット

ルイ16世との夫婦仲は極めてよく、子供たちに対しても良い母親であったといわれる。

1789年7月14日におこったフランス革命に運命を翻弄されたといっても過言ではなく、
1791年6月20日に国外逃亡に失敗したヴァレンヌ事件により、国王一家は親国王派の国民からも見離され、
最終的に革命裁判の結果により、処刑台の露と消える。















◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント