10月16日:ニュルンベルグ裁判で死刑判決を受けたナチス高官の処刑実施。

1946年10月16日 - ニュルンベルク裁判で死刑判決を受けたリッベントロップ元外相ら10名の被告への刑が執行される。
第二次世界大戦においてドイツによって行われた戦争犯罪を裁く国際軍事裁判であるニュルンベルグ裁判(1945年11月20日 - 1946年10月1日)によって、
死刑判決を受けた12名(ゲーリング、リッベントロップ、カイテル、カルテンブルンナー、ローゼンベルク、フランク、フリック、シュトライヒャー、ザウケル、ヨードル、ザイス=インクヴァルト、ボルマン)に対する死刑執行が絞首刑によって行われる。
ニュルンベルグ裁判死刑執行

ボルマンは裁判時は行方不明、ゲーリングは前日に服毒自殺したため、計10名に対して刑が行われ、
遺体は木箱に入れられ、アメリカ軍の軍用トラックでミュンヘンへ運ばれ、そこで火葬された。
遺灰はイーザル川の支流コンヴェンツ川に流された







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント