5月23日:ボニーとクライド 射殺

1934年5月23日 - ボニーとクライド(Bonnie and Clyde)は、1930年代前半にアメリカ中西部で銀行強盗や殺人を繰り返した、ボニー・パーカー(Bonnie Parker、1910年10月1日 - 1934年5月23日)とクライド・バロウ(Clyde Barrow、1909年3月24日 - 1934年5月23日)からなるカップルで、ルイジアナ州で警官隊によって射殺された。
ボニーとクライド

射殺されるまでの間、沢山の殺人に関与し、数え切れないほど多くの強盗を犯した。

当時のアメリカは禁酒法と世界恐慌の下にあり、
その憂さを晴らすように犯罪を繰り返す彼等の事を凶悪な犯罪者であるにも拘らず、
新聞も含めて英雄視する者も多かった。

後にボニーとクライドの犯罪は何度か映画化された。



俺たちに明日はない [DVD]/ワーナー・ホーム・ビデオ

¥1,620
Amazon.co.jp







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント