10月21日:天下分け目の「関ヶ原の戦い」

1600年10月21日慶長5年9月15日) - 関ヶ原の戦い。
関ヶ原の戦い

徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍との戦い。
東軍・西軍の諸将の多くは豊臣恩顧の武将であり、
この戦いの性格について家康は豊臣家の家臣同士の成敗合戦(豊臣家に仇為す者を成敗する)という建前をとり、
また、豊臣家も表向きは静観の立場を取った。

戦いは徳川家康率いる東軍が勝利し、
実質的に徳川家康の覇権を決定づけることとなった。











栗きんとんの本場!岐阜中津川の栗100%!本物の栗きんとん
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント