10月23日:ベイルート・アメリカ海兵隊兵舎爆破事件

1983年10月23日 - レバノン内戦: ベイルート・アメリカ海兵隊兵舎爆破事件。
ベイルート・アメリカ海兵隊兵舎爆破事件

レバノン・ベイルートにあるアメリカ海兵隊の兵舎が車爆弾を使用した自爆テロで狙われた事件。
アメリカ海軍・アメリカ陸軍の兵士も含め241人が死亡、60人が重軽傷を負った。

1日の死者としてはアメリカ海兵隊の歴史上、太平洋戦争の硫黄島の戦いに次ぐ犠牲者数となった。

この事件の2分後、同じく国際平和維持部隊を構成していたベイルートにあるフランス陸軍の空挺部隊の兵舎も同じように自爆テロで攻撃され、58人のフランス軍兵士が死亡、15人が重軽傷を負った。
こちらもアルジェリア内戦以来の死者数だった。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント