10月24日:シブヤン海海戦、戦艦「武蔵」沈没

1944年10月24日 - 第二次世界大戦レイテ沖海戦の中の一つ「シブヤン海海戦」
アメリカ海軍機動部隊の艦載機群による集中攻撃により推定雷撃20本、爆弾17発、至近弾20発以上という軍艦史上最多・空前絶後の損害を受け、19:35-19:40、戦艦「武蔵」シブヤン海に沈没。
攻撃を受ける戦艦「武蔵」

建造期間1591日に対し、「武蔵」の艦齢は821日だった。
「武蔵」の沈没に伴う戦死者は全乗組員2399名中、1023名で、生存者は1376名。
だが、「武蔵」生存者の多くは日本に戻れず、生きて日本の地を再び踏めたのは200名弱。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント