10月24日:ニェジェーリンの大惨事、ソ連の宇宙基地でミサイル大爆発

1960年10月24日 - ニェジェーリンの大惨事。
ソ連のバイコヌール宇宙基地で発射台上の大陸間弾道ミサイルR-16が爆発。約120人が死亡。
ニェジェーリンの大惨事

試作ミサイルの試験飛行のため発射台で準備が行われている間、誤って二段目のロケットエンジンが着火した。
結果として地上で大規模な爆発に至り、多くの軍人や技術者等が犠牲となった。

災害の規模にも関わらず、この事故のニュースは長年にわたり隠蔽され、ソビエト政府も1989年まで認めていなかった。

事故発生時点のロシア戦略ロケット軍の元帥でR-16開発プログラムの司令官だったミトロファン・ニェジェーリンもこの事故に巻き込まれて死亡したため、このような名前が付いた。



Space Race 宇宙へ 〜冷戦と二...

Space Race 宇宙へ 〜冷戦と二...
価格:8,121円(税込、送料別)






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント