10月26日:伊藤博文、哈爾浜で安重根によって暗殺

1909年10月26日 - 伊藤博文(天保12年9月2日(1841年10月16日)- 明治42年10月26日1909年10月26日))、哈爾浜で安重根の凶弾に倒れる。享年68歳。
伊藤博文

長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。
維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、
日本帝国憲法の起草の中心となる。
初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣。

アジア最初の立憲体制の生みの親であり、またその立憲体制の上で政治家として活躍した最初の議会政治家として、
現代に至るまで大変高い評価をされている。

外交では日清戦争に対処したことが特記できる。
伊藤は国際協調重視派で、大陸への膨張を企図して韓国の直轄を急ぐ山縣有朋や桂太郎・寺内正毅ら陸軍軍閥と、
しばしば対立した。

また、韓国併合について、保護国化による実質的な統治で充分であるとの考えから当初は併合反対の立場を取っていたが、
併合方針の閣議決定に反対した形跡は無い(適当ノ時期ニ於テ韓国ノ併合ヲ断行スル事 明治42年1909年)7月6日)。
また統監として日本の政策への韓国国民の恨みを買うことになり、朝鮮人・安重根による暗殺に繋がった。
暗殺直前の伊藤博文

写真は暗殺実行直前の伊藤博文の姿










下関直送の国産とらふぐセット

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント