10月30日:ドレスデン聖母教会、「和解の象徴」として60年ぶりに再建完了

2005年10月30日 - ドレスデン聖母教会が再建完了し祝賀式典が行われる。
ドレスデン聖母教会再建完了

第二次大戦中、イギリス・アメリカのドレスデン爆撃(1945年2月13日~15日)により焼損し、爆撃の翌日に崩壊した。
倒壊したドレスデン聖母教会

東ドイツ時代、聖母教会の瓦礫の山を含むドレスデン市の中心部は戦没者記念碑として保全され、再建されることはなかった。

東西ドイツ統一後、再建計画が活発化し、
可能な限り現在の技術の助けを借りながらオリジナルに用いられた建材と設計に基づいて再建された。

コンピューターを駆使し、瓦礫がもとの教会のどの部分に使われていたのかを解析し、
8500もの破片のうち、約3800個が再建に利用された。
「世界最大のジグソーパズル」ともいわれた再建は13年かかり、崩壊から60年を経て再び往時の姿を現した。











ジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント