5月24日:地動説を唱えたコペルニクス 逝く!

1543年5月24日 - ニコラウス・コペルニクス(Nicolaus Copernicus、1473年2月19日 - 1543年5月24日)没。享年70歳。
コペルニクス

ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭である。
当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。
これは天文学史上最も重要な再発見とされる。











豊富な柄と品揃えのポーランド陶器専門店【セラミカオンラインショップ】


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント