10月31日:ラシュモア山の4大統領像が完成!

1941年10月31日 - ガットスン・ボーグラムによるラシュモア山の4つの大統領像が完成。
ラシュモア山
標高1745メートルのラシュモア山の白い花崗岩の露頭に、1927年から14年間をかけて、60フィート (18m) にも及ぶ巨大な胸像が彫られた。

彫られているのは、アメリカ合衆国建国から150年間の歴史に名を残す4人の大統領(左からジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルトとエイブラハム・リンカーン)である。

◆ジョージ・ワシントン : 
初代大統領(1789年-1798年)。

◆トーマス・ジェファーソン
第3代アメリカ合衆国大統領(1801年-1809年)。アメリカ独立宣言(1776年)の主要な作者であり、アメリカ合衆国の共和制の理想を追求したことで最も影響力のあったアメリカ合衆国建国の父の一人。

セオドア・ルーズベルト
第26代大統領(1901年-1909年)。
精力的な個性、成し遂げた業績と合衆国の利益、国の発展期に示したリーダーシップと、「カウボーイ」的な男性らしさでよく知られる。
日露戦争の停戦を仲介し、その功績でノーベル平和賞を受賞した。彼はノーベル賞を受賞した初のアメリカ人であった。

エイブラハム・リンカーン
第16代大統領(1861年-1865年)。
「奴隷解放の父」、有名なゲティスバーグ演説、南北戦争による国家分裂の危機を乗り越えたことなどが評価され、歴代大統領ランキングではしばしば“最も偉大な大統領”の一人に挙げられる。













◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント