11月3日:ドイツ革命がはじまる

1918年11月3日 - 北ドイツのキール軍港で水兵が叛乱。ドイツ革命が始まる。
この革命によって、カイザーが廃位され、ドイツ帝国が打倒された。
これにより、第一次世界大戦は終結し、ドイツでは議会制民主主義を旨とするヴァイマル共和国が樹立された。
ドイツ革命

後に、第一次世界大戦で、依然として戦争遂行の余力があったドイツを、
国内の社会主義者、共産主義者とそれに支持された政府が裏切り、
「勝手に」降伏した、もしくは「背後の一突き」を加えたことによりドイツを敗北へと導いたとするデマが生まれ、
共和国を破滅に追い込むこととなる。











本物のドイツハムの生ハム(ラックスシンケン)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント