11月5日:古典電磁気学を確立したマクスウェル 逝く

1879年11月5日 - ジェームズ・クラーク・マクスウェル(James Clerk Maxwell、1831年6月13日 - 1879年11月5日)没。享年48歳。
マクスウェル

イギリスの理論物理学者である。
マイケル・ファラデーによる電磁場理論をもとに、1864年にマクスウェルの方程式を導いて古典電磁気学を確立した。
さらに電磁波の存在を理論的に予想しその伝播速度が光の速度と同じであること、および横波であることを示した。

これらの業績から電磁気学の最も偉大な学者の一人とされる。

また、土星の環や気体分子運動論・熱力学・統計力学などの研究でも知られている。










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント