11月8日:レントゲン、X線を発見!

1895年11月8日 - ヴィルヘルム・レントゲンがX線を発見。
ヴュルツブルク大学においてクルックス管を用いて陰極線の研究をしていたレントゲンは、
机の上の蛍光紙の上に暗い線が表れたのに気付いた。
レントゲン

これがX線の発見となる。

レントゲンは科学の発展は万人に寄与すべきであると考え、
X線に関し特許等によって個人的に経済的利益を得ようとは一切せず、
ノーベル賞の賞金についても、ヴュルツブルク大学に全額を寄付している。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント