11月8日:ナチス一派、ミュンヘン一揆をおこす

1923年11月8日 - ミュンヘン一揆
ミュンヘンのビアホール「ビュルガーブロイケラー」でアドルフ・ヒトラー率いるナチス一派がバイエルン首脳部を拘束、ミュンヘン一揆が起こる。
ミュンヘン一揆

半日あまりで鎮圧され、ヒトラーら首謀者は逮捕された。

一揆が簡単に制圧された経験でヒトラーは武力革命に見切りをつけ、
「(ナチス)党の未来は、投票箱の中にある」として、言論・演説・選挙といった民主的手段による政権奪取に軸足を移してゆく。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント