11月14日:ユスティニアヌス大帝 逝く

565年11月13日または14日 - ユスティニアヌス1世(ラテン語: Justinianus I (Iustinianus I), 483年 - 565年11月13日または14日)没。享年82歳。
ユスティニアヌス大帝
東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝の第2代皇帝(在位:527年 - 565年)。

後世「大帝」とも呼ばれたように、古代末期における最も重要な人物の一人である。
その治世は東ローマ帝国史における画期的な時代をなし、当時の帝国の版図を押し広げた。
ユスティアヌス時代の版図
<ユスティニアヌス1世の即位(赤:527年)から崩御(オレンジ:565年)までの東ローマ帝国領の拡大>

またユスティアヌス帝時代は法制上、司法改革によって「ローマ法大全」を編纂し、
建築としてはハギア・ソフィア大聖堂をはじめとした数々の建築事業を行った。
ハギア・ソフィア大聖堂

こうした建築事業や大がかりな外征事業は国家財政を破たんさせ、
ユスティニアヌス帝没後、東ローマ帝国は急速に衰退していく。











マカ×シトルリン×クラチャイダムの活力サプリ【マカエンペラー】
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント