5月26日:「維新の三傑」木戸 孝允 逝く

1877年明治10年5月26日 - 木戸 孝允 / 桂 小五郎(きど たかよし / かつら こごろう、1833年8月11日天保4年6月26日) - 1877年明治10年5月26日)没。享年43歳。
木戸 孝允

日本の武士(長州藩士)、政治家。
明治維新の元勲であり、西郷隆盛、大久保利通と並んで「維新の三傑」と称される。
また維新の十傑の1人でもある。名の孝允は「こういん」と有職読みされることもある。

吉田松陰の教えを受け、藩内の尊王攘夷派(長州正義派)の中心人物となり、
留学希望・開国・破約攘夷の勤皇志士、長州藩の外交担当者、藩庁政務座の最高責任者として活躍する。
特に志士時代には、幕府側から常時命を狙われていたにもかかわらず果敢に京都で活動し続けた。

維新後は憲法や三権分立国家の早急な実施の必要性について政府内の理解を要求し、
他方では新たに国民教育や天皇教育の充実に務め、一層の士族授産を推進する。

長州藩主・毛利敬親や明治天皇から厚く信頼された。

木戸は開明的であったが、急進派から守旧派までが絶え間なく権力闘争を繰り広げる明治政府の中にあっては、
心身を害するほど精神的苦悩が絶えなかった。












◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント