11月15日: 「ソ連版スペースシャトル」宇宙船「ブラン」打ち上げ

1988年11月15日 - 「ソ連版スペースシャトル」と呼ばれるソ連の宇宙船「ブラン」が最初で最後の打ち上げ。
宇宙船ブラン打ち上げ

206分間にわたり無人で地球軌道を周回し、発射場所であるバイコヌール宇宙基地の滑走路に自動着陸を成功させた。

アメリカのスペースシャトルと形状はよく似ているが、
決定的な違いはスペースシャトルと違い、地球周回軌道に乗るための大型ロケットエンジンをブランは搭載していないことである。
ブラン尾部
尾部のロケットエンジンは姿勢制御・逆噴射用であり、機体を大気圏外まで運び出す推力は全くない。

また、そもそもにおいて
宇宙往還機の構想は、アメリカにしろソ連にしろ、
ドイツのオイゲン・ゼンガーが考え出し大戦中は極秘文章扱いだったゼンガー計画の計画書を
占領後それぞれの国に持ち帰ったことが源流である。










宇宙航空研究開発機構(JAXA)の被験者募集案件


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント