11月19日:スターリングラードのドイツ軍の運命を左右する「ウラヌス作戦」始まる

1942年11月19日 - 第二次世界大戦・独ソ戦: ウラヌス作戦がはじまる。
ウラヌス作戦
第二次世界大戦中に、ソビエト赤軍がドイツ第6軍、第4装甲軍の一部、ルーマニア第3、第4軍へ反撃を行い、
これを包囲した作戦で、スターリングラードの戦いにおける、スターリングラード周辺のドイツ軍を撃破、無力化することを目標としていた。
このウラヌス作戦により、
200,000から250,000名のドイツ将兵が東西40km、南北50kmの地点に閉じ込められ、
翌年2月2日の悲劇的な結末を迎えることになる。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント