11月26日:日米開戦前夜、ハル・ノートが提示される

1941年11月26日 - 第二次世界大戦: アメリカのハル国務長官がハル・ノートを提示。
国務長官コーデル・ハル

ハル・ノートは、日米交渉におけるアメリカ側の最後通牒(最後通告)であると言及されることがあるが、
文書の上では最後通牒として必要な交渉期限の記述は存在せず、平和的交渉の打ち切りを予告する記述も存在していない。

しかし、この文書が日米交渉の最終局面で手交されたもので、日本側の案(乙案)の拒否と同時に提示されたこと、
かつ内容が日本側にとって受け入れがたいものであったため、その点をもって「“事実上の”最後通牒であった」とする解釈がある。

なお、日米開戦の第一撃である真珠湾攻撃艦隊は、ハルノート提示の1日前に単冠湾を出発している。











激安中古パソコンショップ【junkworld】
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント